ワキガに関する情報が満載!

気になるワキガ

わきがや多汗症で悩んでいるなら美容外科へ

自分のわきがや多汗症を気にされたことはあるでしょうか。
例えば自分では今まで気になっていなかったけれど、他人のわきがの匂いに気が付いて自分も気にするようになった、暑い季節などに沢山の汗が出た時に匂いが気になった、もしくは家族や知人から指摘されたなど、わきがを意識したことは誰もがあるのではないでしょうか。
自分自身でも気が付いていてもデリケートな問題でもあるため、気軽に人に相談できず一人で思い悩んでしまいがちです。
もし悩んでいるなら、一日も早く美容外科へカウンセリングに行きましょう。
実はわきがや多汗症は体質ではなく疾患であるため、治療が必要であるのです。
カウンセリングの中で自分の症状や希望する治療方法をドクターと決めていくのが一般的です。
医療も進化している為様々な選択肢があります。
デリケートな問題は一人で抱え込むことが一番精神的によくありませんし、何より日常生活を楽しむことができません。
まずはカウンセリングを行い前向きに考えてみましょう。

わきがの種類について

脇からチーズのようなタマネギのような独特の嫌なにおいを発するのがわきがです。
においの表現が異なることから、一言でわきがといっても種類があると思われがちですが、実は特に種類はないのです。
そもそもわきがというのはアポクリン汗腺といって通常の汗とは違った乳白色の汗を出す汗腺が発達したことが原因で現れる症状です。
この乳白色の汗自体はにおいませんが、これが皮脂腺から出る脂肪酸と混ざって酸化することで、あの独特の臭いとなるのです。
このようにアポクリン汗腺の発達が原因なので、特に種類はないのです。
でもにおいが弱い人と強い人がいるとおっしゃる方がいるかもしれません。
これはアポクリン汗腺の発達の度合い、そして食生活によります。
アポクリン汗腺が多ければ多いほどにおいはきつくなりますし、動物性タンパク質を多く摂る食事を好む人は汗自体はそれほど変わりませんが、皮脂腺から出る脂肪酸の量が増えることでにおいがきつくなるといわれます。

注目サイト

エコバック

2019/8/7 更新

COPYRIGHT(C) 気になるワキガ ALL RIGHT RESERVED