ワキガに関する情報が満載!

気になるワキガ

「アポクリン腺」と「エクリン腺」

ヒトのわきには「アポクリン腺」と「エクリン腺」という2種類の汗腺があります。
わきがの原因になるのがアポクリン腺で、わきの多汗症の原因になるのがエクリン腺です。
アポクリン腺はわき以外にも、耳の中、陰部、肛門、乳輪など限られた部分にだけ存在している汗腺です。
アポクリン腺から分泌される汗はタンパク質、脂質、糖質等が含まれており、これらが皮膚表面に常在している細菌に分解されることで、わきが特有の臭いが生み出されます。
一方、エクリン腺は全身に存在する汗腺で、主に体温調整を担っています。
エクリン腺から分泌される汗は99%が水分で、その他の1%に塩分や尿素、アンモニアが含まれています。
ほとんどの成分が水であるため、臭いはほぼありません。
ただし、エクリン腺から分泌される汗により、わきの下が湿った状態になると細菌の繁殖が活発になるため、結果的にわきがの臭いを強めてしまうことがあります。
多汗症の原因はエクリン腺から分泌される汗です。
体質によるものと、緊張などによる一時的なものの2種類があり、生活環境が大きく変わったときなどに一時的な多汗症になることがあります。

わきがと多汗症の違い

わきがと多汗症、この2つは同じと勘違いしていませんか。
確かに汗の異常という意味合いでは同じかもしれませんが、実は全く異なるのです。
何が違うのかというと汗の種類です。
わきがはアポクリン汗腺から出る乳白色の汗が原因、多汗症はエクリン汗腺から出る一般的な無色透明な汗が原因です。
どちらも汗なのですがわきががにおうのは汗自体に水分以外の物質が多く混ざっており、それがなおかつ皮脂腺から出る脂肪酸と混ざって酸化するためです。
汗自体はにおいませんが、それが脂肪酸と混ざって酸化することで、あの独特の臭いとなるのです。
それに対して多汗症の汗は一般的なほぼ水分の汗なのでにおいません。
もちろんかいた汗を拭きもしないで放っておけば汗臭くなりますが、チーズのような嫌な臭いにはなりません。
そもそも多汗症はにおいが問題なのではなく、汗をかくべき状況でないのに異常にたくさんの汗をかき、それによって生活に支障をきたすことにあります。

pickup

パンフレット 作成
http://www.panffactory.com/

Last update:2016/11/10

COPYRIGHT(C) 気になるワキガ ALL RIGHT RESERVED